.

http://www.bennettsmilitary.net/

Sells clothing, knives and swords, camping and survival gear, backpacks and luggage, and footwear.
セルス衣類・ナイフ剣・キャンプと生き残りギア・バックパックと荷物とはきもの。

clothing 衣服

Clothing or clothes protect the human body from extreme weather and other features of the environment. It is worn for safety, comfort, modesty and to reflect religious, cultural and social meaning. The practical function of clothing is to protect the human body from dangers in the environment: weather (strong sunlight, extreme heat or cold, and precipitation, for example), insects, noxious chemicals, weapons, and contact with abrasive substances, and other hazards. Clothing can protect against many things that might injure the naked human body. In some cases, clothing protects the environment from the clothing wearer as well (example: medical scrubs). Humans have shown extreme inventiveness in devising clothing solutions to practical problems and the distinction between clothing and other protective equipment is not always clear-cut; examples include space suit, air conditioned clothing, armor, diving suit, swimsuit, bee-keeper's protective clothing, motorcycle leathers, high-visibility clothing, and protective clothing. People also decorate their bodies with makeup or cosmetics, scented perfume, and other ornamentation; they also cut, dye, and arrange the hair on their heads, faces, and bodies (see hairstyle), and sometimes also mark their skin (by tattoos, scarifications, and piercings). All these decorations may contribute to the overall effect and message of clothing, but do not constitute clothing. Articles carried rather than worn (such as purses, canes, and umbrellas) are normally considered fashion accessories rather than clothing, but hats and small dress sweaters can be called clothing or accessories.[citation needed] Jewelry and eyeglasses are usually considered as accessories as well, even though in common speech these particular items are described as being worn rather than carried. Historically, there have been many societies where partial or complete nudity was the cultural norm. In the modern world, most cultures find it socially unacceptable to walk around in public without clothes. According to archaeologists and anthropologists, the earliest clothing probably consisted of fur, leather, leaves or grass, draped, wrapped or tied about the body for protection from the elements. Knowledge of such clothing remains inferential, since clothing materials deteriorate quickly compared to stone, bone, shell and metal artifacts. Archeologists have identified very early sewing needles of bone and ivory from about 30,000 BC, found near Kostenki, Russia in 1988.[citation needed] Ralf Kittler, Manfred Kayser and Mark Stoneking, anthropologists at the Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology, have conducted a genetic analysis of human body lice that indicates that they originated about 107,000 years ago. Since most humans have very sparse body hair, body lice require clothing to survive, so this suggests a surprisingly recent date for the invention of clothing. Its invention may have coincided with the spread of modern Homo sapiens from the warm climate of Africa, thought to have begun between 50,000 and 100,000 years ago. However, a second group of researchers used similar genetic methods to estimate that body lice originated about 540,000 years ago (Reed et al. 2004. PLoS Biology 2(11): e340). For now, the date of the origin of clothing remains unresolved. Some human cultures, such as the various peoples of the Arctic Circle, until recently made their clothing entirely of prepared and decorated furs and skins. Other cultures have supplemented or replaced leather and skins with cloth: woven, knitted, or twined from various animal and vegetable fibers.

衣類または服は、人体を最大の天気と環境の他の特徴から保護します。それは安全性のために着られます、慰めてください、謙虚さ、そして、修道士(文化的で社会的意味)は反省します。衣類の実用的な機能は、環境で人体を危険性から保護することです:天気(強い日光、最大の熱または寒さと降水、たとえば)、昆虫、有害化学製品、武器と粗い物質と他の危険との接触。衣類は、裸の人体を痛めるかもしれない多くのものから保護することができます。場合によっては、衣類は同様に環境を衣類着用者から保護します(例:健康診断は、こすり洗いします)。人間は実際的な問題の衣類解決を考案する際に最大の創作力を示しました、そして、衣類と他の保護器材の区別は必ずしも明確でありません;例は、宇宙服、空気の条件つきの衣類、機甲部隊、潜水服、水着、養蜂家の防護服、オートバイレザー、高い可視性衣類と防護服を含みます。人々も、彼らの体を化粧または化粧品、香りのする香水と他の装飾で飾ります;彼らも、彼らの頭、顔と体(ヘアスタイルを見ます)の毛を切って、染めて、配置して、時々また、彼らの皮膚(タトゥー、乱切法とpiercingsによって)をマークします。すべてのこれらの装飾は衣類の全体的な影響とメッセージに貢献するかもしれないが、衣類を構成するというわけではありません。着られる(例えば財布、茎と傘)よりはむしろ、運ばれる記事は衣類よりむしろファッションアクセサリーと通常考えられます、しかし、帽子と小さな服装セーターは衣類またはaccessories.[必要とされる表彰状]Jewelryと呼ばれていることができます、そして、口語でたとえこれらの特定のアイテムが運ばれるよりはむしろ、着られると言われるとしても、眼鏡は通常、アクセサリーとも思われます。歴史的に、部分的であるか完全な裸が文化的な基準であった多くの社会が、ありました。現代の世界で、大部分の文化は、社会的に服なしで人前で歩き回ることが受け入れがたいとわかります。考古学者と人類学者によると、最も初期の衣類は多分毛皮から成ったでしょう。そして、革(葉または草)が要素からの保護のために布で覆われたか、包まれたか、体について結びつきました。衣類材料が石、骨、シェルと金属人工品と比較して速く悪化する時から、そのような衣類についての知識は推理のままです。考古学者はおよそ紀元前30,000年から骨と象牙の非常に初期の縫い針を特定しました ― 近いKostenkiがわかった ― 1988.[必要とされる表彰状]ラルフキッター、マンフレッドカイザーとマークStoneking(マックスプランクEvolutionary Anthropology研究所の人類学者)のロシアは彼らがおよそ107,000年前始まったことを示す人間のヒトジラミの遺伝子の分析を行いました。大部分の人間が非常にまばらな体毛があるので、ヒトジラミは生き残ることを衣類に要求するので、これは衣類の発明の驚くほど最近の日を提案します。その発明はアフリカの暖かい気候から現代のホモサピエンスの広がりと同時だったかもしれません。そして、50,000〜100,000年前始まったと考えられました。しかし、研究者の第2のグループは、ヒトジラミがおよそ540,000年前始まったと見積もるために、類似した遺伝子の方法を使用しました(リードほかは、2004です。PLoS生物学2(11):e340)。今のところ、衣類の起源の日付は、未解決のままです。最近までのいくらかの人間の文化(例えば北極圏のいろいろな民族)は、完全に用意されて飾られた毛皮と皮膚の彼らの衣類を作りました。他の文化は、革と皮膚を布と補ったか、入れ替えました:いろいろな動物と植物性繊維から編まれるか、編まれるか、分けられます。

眼精疲労 サプリ 眼精疲労疾患を和らげるサプリメントをご紹介!
目の疲れ サプリ 目の疲れに合わせてサプリメントを活用しよう!
引越し 見積もり 相場 引越し料金を知りたい人はこちらで相場見積もり
目の疲れ ブルーベリー どうして目の疲れにはブルーベリーが有名なの?
敏感肌 化粧水 敏感肌に合う化粧水やスキンケア法を紹介します。
肌が弱い 化粧水 肌が弱いのは化粧水の成分が原因かも?
目の疲れ パソコン環境が目の疲れに影響大!
クリアエステヴェールの人気の秘密は?
リッチミスト(セット)を今なら16,000円引きで!
全身脱毛 激安 激安・格安で脱毛できるサロンをランキングで紹介
引越し 見積もり 相場 一番安い業者を調べよう!
トゥースメディカルホワイト※お得なキャンペーン価格で買う為に
引越し 見積もり 相場 無料一括見積もりで相場比較
青汁 ランキング 今時の青汁はマズくない!ランキングで紹介
キューサイ コラーゲンで美肌に!キューサイのヒアルロン酸コラーゲンで美容成分を一度に摂取
青汁 ランキング 青汁を試したい方はランキングから探しましょう!
引越し 見積もり 相場 相場より安い業者はここでチェック!
クロネコ 引越しの相場とは?/クロネコでお得にお引越し
引越し 見積もり 相場 引越し料金の相場を知りたい人はこちらで一括見積もり
プラセンタ商品の人気ランキング/人気のプラセンタ商品は?
肌が弱い 化粧品 肌が弱くなる原因・必要な栄養素を紹介。
引越し 見積もり 相場 無料で引越し業者の料金を比較
全身脱毛 激安 お試し有の脱毛サロン特集!
はちみつ青汁の凄いところは飲みやすさだけじゃない!
全身脱毛 激安 肌に負担の少ない全身脱毛を激安&格安サロン
婚活 40代 パーティー 大人の余裕がパートナー探しの鍵
全身脱毛 激安 人気の激安・格安脱毛サロンをランキングでご紹介
引越し 見積もり 相場 ココで複数の見積もりをゲット!簡単・無料!
婚活 30代 パーティー 30代だからこその余裕で婚活パーティーへ
青汁 ランキング 今人気の青汁はココでチェック
引越し 見積もり 相場 引越し見積もりが無料のHOME'Sをご紹介
■パーティー形式の婚活なら婚活 パーティーでランキング形式になっています。

knives ナイフ

A knife is a handheld sharp-edged instrument consisting of handle attached to a blade used for cutting. The knife is a tool that can be used as a weapon. Its origins date as far back as two-and-a-half million years ago, as evidenced by the Oldowan tools. The earliest knives were shaped by knapping (percussive flaking) of rock, particularly harder rocks such as obsidian and flint. During the Paleolithic era Homo habilis likely made similar tools out of wood, bone, and similar highly perishable materials that have not survived. As recent as five thousand years ago, as advances in metallurgy progressed, stone, wood, and bone blades were gradually succeeded by copper, bronze, iron, and eventually steel. The first metal (copper) knives were symmetrical double edged daggers, which copied the earlier flint daggers. In Europe the first single edged knives appeared during the middle bronze age. These replaced daggers, which by that time had evolved into swords. Modern knives may be made from many different materials such as alloy tool steels, carbon fiber, ceramics, and titanium.There is a very active community of modern custom knife makers and collectors, who often pioneer the use of new materials in knives. In the United States, The American Bladesmith Society promotes forged blades; the Knifemakers Guild promotes all custom knives. Knife blades can be manufactured from a variety of materials, each of which has advantages and disadvantages. Carbon steel, an alloy of iron and carbon, can be very sharp, hold its edge well, and remain easy to sharpen, but is vulnerable to rust and stains. Stainless steel is an alloy of iron, chromium, possibly nickel, and molybdenum, with only a small amount of carbon. It is not able to take quite as sharp an edge as carbon steel, but is highly resistant to corrosion. High carbon stainless steel is stainless steel with a higher amount of carbon, intended to combine the best attributes of carbon steel and stainless steel. High carbon stainless steel blades do not discolor or stain, and maintain a sharp edge. Laminate blades use multiple metals to create a layered sandwich, combining the attributes of both. For example, a harder, more brittle steel may be sandwiched between an outer layer of softer, tougher, stainless steel to reduce vulnerability to corrosion. In this case, however, the part most affected by corrosion, the edge, is still vulnerable. Pattern-welding is similar to laminate construction. Layers of different steel types are welded together, but then the stock is manipulated to create patterns in the steel. Titanium is metal that is lighter, more wear resistant, and more flexible than steel. Although less hard and unable to take as sharp an edge, carbides in the titanium alloy allow them to be heat-treated to a sufficient hardness. Ceramic blades are incredibly hard, lightweight blades; so hard that they will maintain a sharp edge for months or years with no maintenance at all. They are immune to corrosion, but can only be sharpened on silicon carbide sandpaper and some grinding wheels. Plastic blades are not very sharp at all but are typically serrated, and are usually considered disposable.

ナイフは、カットのために使われる刃に付けられるハンドルからなる手で持てるサイズの鋭利な器具です。ナイフは、武器として使われることができるツールです。Oldowanツールで明示されるように、その起源は250万年前と同じくらいはるかに後ろに古くなります。最も初期のナイフは、岩(特により硬い岩(例えば黒曜石と火打ち石))のknappingする(衝撃のフレーキング)ことによって形づくられました。Paleolithic時代の間に、ホモハビリスはたぶん、木、骨と生き残らなかった類似した非常に腐りやすい材料から類似したツールを製造しました。5000年前と同じくらい新しくて、冶金学の進歩が進歩したので、石、木と骨製刃の後に銅、青銅、鉄と結局鋼が徐々に続きました。最初の金属(銅)ナイフは対称形の倍で縁取られた短剣でした。そして、それは以前の火打ち石ダガーをコピーしました。ヨーロッパでは、最初の一つの鋭くされたナイフは、半ばのブロンズの年齢の間、現れました。その頃までには剣に発展したこれらの交換された短剣。最新のナイフは合金工具鋼、炭素繊維、陶器のような多くの異なる材料から製造されるかもしれません、そして、titanium.Thereは現代のカスタムメイドのナイフメーカーとコレクターの非常に活発なコミュニティです。そして、その人はナイフでしばしば新しい材料の使用を創始します。アメリカ合衆国では、アメリカのBladesmith協会は、鍛えて作られた刃を販売促進します;Knifemakers Guildは、すべてのカスタムメイドのナイフを販売促進します。ナイフブレードはいろいろな材料から製造されることができます。そして、それぞれには利点と不利があります。炭素鋼(鉄とカーボンの合金)は、非常に鋭くありえて、よくその優勢を保つことがありえて、鋭くするのが簡単なままでありえます?さびと汚れに弱い。少量のカーボンだけで、ステンレス鋼は鉄、クロミウム、おそらくニッケルとモリブデンの合金です。それは炭素鋼ほどまだ鋭い優勢をとることができなくて、腐食に高度耐性化しています。高いカーボンステンレス鋼はカーボンのより高い量によるステンレス鋼です。そして、炭素鋼とステンレス鋼で最高の特質を結合することを目的とします。高いカーボンステンレス鋼刃は、変色しないか、鋭い刃にしみをつけなくて、維持しません。ラミネート刃は層をなしたサンドイッチをつくるために複数の金属を使います。そして、両方の特質を結合します。たとえば、より硬い、よりもろい鋼は、脆弱さを腐食に下げるために、より柔らかい、より堅い、ステンレス鋼の外層の間に挟まれているかもしれません。この場合、しかし、最も腐食(端)に影響を受ける部分は、まだ弱いです。パターン-溶接は、ラミネート建設と類似しています。異なる鋼のタイプの層は結合されます、だが、株は鋼でパターンをつくるために操られます。チタンは、より軽くて、より耐磨耗性で、鋼より柔軟である金属です。より固くなくてシャープとして優勢をとることができないけれども、チタン合金の中のカーバイドは彼らが十分な硬さに熱処理されるのを許します。陶製刃は、信じられないほど堅い、軽量刃です;彼らがすべてでメンテナンスなしで月または年鋭い刃を維持するほど激しく。彼らは腐食に免疫があるが、炭化ケイ素紙やすりと若干の砥石車で鋭くされることができるだけです。プラスチック刃はまったくあまり鋭くなくて、典型的にギザギザで、通常使い捨てであると思われます。

from wikipedia